コロナウイルスと働き方

世の中大変なことになっていますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

在宅勤務も増えていることと思いますが、通勤時間の分で少しいろいろと考えてみました。さて、まずは少子高齢化であることはこれからも先トレンドとして、大きな変化はないことと思います。コロナでは高齢者のり患する割合が多いようですが、幸いにして死亡率はいまのところ他国とひかくすると高くないように思われます。

さて、仕事でもWEB会議などが増えて、昔から言われていたSOHO(short office,home office)が当たり前になってきました。これでも仕事ができるよねと思われる方も少なくないと思います。これから、FAやAIなどが職場にさらに入り込んでくれば、多くの仕事はそれに置き換えられ、人間は創造的な仕事や判断・決断の仕事を担当していくのだと思います。高齢化が進み、人間の仕事が変われば、自ずと働き方も変わってくるのだと思います。

働き方も一企業に属するのではなく、自分の生活に合わせて、自分のスキルに見合った仕事をWORLD WIDEに行っていく、つまり、個人事業主型の働き方ですね。

これまで、ストレスとして人間関係に悩んでいた人も、逆に人との関係では悩みが薄れる一方、自分で仕事を行っていく重圧感などがストレスになってくるのではないでしょうか?


時代や世の中の変化によって、生活とともに働き方もかわっていくのは当たり前ですが、それに左右される人間の感情とストレス・・・。うまく付き合ってとは言うものの、具体的な対応ができる自分自身の知恵や工夫が必要ですね。一般論を語るのは簡単だけど、その人の生活が変わらなければ、結局元の木阿弥です。

そのためには、いつも問題の本質を考えて、先を見据えて具体的に何をしようか?そして考えたならば、行動すること。失敗したらPDCAでブラッシュアップですね。

今日はちょっと真面目な話を書いてしまいました。

20回の閲覧